シャンパンピンクミラー

エレガントで上品な淡いピンク色のミラーです。
フロートガラスをスパッタ製法によりピンクミラーに加工しています。 壁面や柱等、壁装材としてご使用いただけます。

品 番 : CPM


品 名 : シャンパンピンクミラー


厚 み : 5mm


最大寸法 : 1,800mm×2,400mm


※ロットの違いにより色に差異があります。
ご使用前にサンプル等をご確認お願い致します。
※幅広面磨きの端の色が薄く見えることがあります。


※内装用となります。屋外・外装などでのご使用は避けて下さい。
※鏡の標準施工に準じて施工して下さい。
※クリーニングは、きれいな乾いた柔らかい布等で拭いて下さい。

シャンパンピンクミラーにできる加工や取付・設置方法について




シャンパンピンクミラー参考価格

シャンパンピンクミラーお見積り・ご注文

納期について

シャンパンピンクミラーは、常時当社にて在庫しており、ご注文後速やかにお届けできるよう努めております。
お急ぎの方は、できる限りご希望に添うようにいたしますが、最速でも下記の製作期間をいただくようお願い致します。

【通常製作期間】

シャンパンピンクミラーのみ

(特殊加工なし) ※切断面処理加工含む

1~3日

枚数が多い場合や特殊な形状の場合は大幅に納期がかかる場合があります。 実際の納期につきましては、お見積時にお伝えしています。

【特殊加工の納期】

飛散防止フィルム貼り

通常納期 + 1~2日

マグネット加工

通常納期 + 1日

くもり止めコーティング加工

通常納期 + 1日

防曇フィルム貼り(一般・浴室とも)

通常納期 + 1~2日

防曇ヒーター(在庫がない場合)

5~7日

特殊デザイン加工

(部分透明加工・フロスト加工・名入れ加工)

通常納期 + 6~8日

形状・サイズ・切断面処理について

四角形を基本として、円形・ハ角形・アーチ形にもカット・加工が可能です。
型紙や図面等があれば、それも基に様々な形にカット・加工が可能です。
四角形
最小寸法

50 mm

最大寸法

2,400 mm

円形
最小寸法

Φ150 mm

最大寸法

Φ1,800 mm

その他・異形
最小寸法

150 mm

最大寸法

2,400 mm

※その他のサイズについては、別途ご相談ください。

四角形の四隅の処理について

角落とし加工 特に指定が無ければ、角落とし加工となります。
四角形の場合その4隅は通常1mm~2mm程度角を落としま す。

この加工によって角も触っただけで手が切れたりするようなことはありません。角落とし加工は無料です!!

R加工 フレームの4隅が丸くなってる場合、その大きさに合わせてR加工が必要です。
デザインとしての角R加工も可能です。

5mmR以下の場合は角落とし加工となります。

※下記PDFファイルをA4で印刷して採寸して下さい

5mmRから50mmR 55mmRから100mmR 105mmRから150mmR
C加工 4隅を斜め45度にカットすることが可能です。
最小3mmCとなり、3mmC以下の場合は角落とし加工となります。

※採寸が難しい場合は型を送っていただければ、型を基に製作可能です

5mmCから50mmC 55mmCから100mmC 105mmCから150mmC

特殊カット・穴あけについて

切り欠き加工梁の部分等にミラーを貼る際に切り欠き加工をします。
穴あけ加工 建具に貼るミラーや照明建具を取付する際に穴あけが可能です。
コンセント穴加工コンセント部分にも、加工することと鏡の取付が可能です。

切断面処理について

糸面磨き 最もスタンダードで安価な加工方法です。
最低限安全で手が切れたりしないような場合は、糸面磨きが良いです。
幅広面磨き 高級感のある装飾されたベベリングミラーです。
加工の幅は、3mm・5mm・10mm・15mm・20㎜・25mmまで加工可能です。
手切れ防止 サンダーで角を取っただけの加工となります。
切りっ放しでも良いような場合は、作業中の安全性を考えて手切れ防止処理加工をします。
糸面磨きと手切れ防止処理加工のどちらにすればいいの?
   

壁に囲まれている場合や、枠の内側におさまる場合等、周囲が囲まれているので、手切れ防止加工でいいのでは?というご質問をよくいただきます。
写真左側「手切れ防止処理加工」では、枠からみえた切断面がガタガタとしており、ミラーの端部分がギラギラと反射していますが、「糸面磨き」をした場合は枠に対してピッタリと納まり、見た目もとてもきれいです。
枠に納まるとしても、鏡の端部分が露出する場合は「糸面磨き」をお選びください。

   なお、ミラーの端部分が完全に枠で見えなくなる場合は、手切れ防止処理加工でも問題ないです。
連装ミラー等を貼り合わせる際の切断面処理方法について
       
 

フィットネススタジオやダンススタジオ等の連装ミラーで「鏡と鏡のジョイント部分をできるだけ目立たなくしたい」などの場合は、切断面処理は「糸面磨き」をお選びください。
切りっ放しはもちろん、手切れ防止処理加工でも使用、見た目に耐え得るものになりません。
デザイン的に、貼り合わせて壁面を装飾する場合の切断面処理は「幅広面磨き」が良いです。
一般的に幅広面加工の「幅」が広いほど、ゴージャスな雰囲気になります。
突き合わせで施工する場合でも、鏡と鏡が直接当たることのないように注意してください。
カケや割れを防止するために、最大でも0.5mm程度のすきまが必要です。

【×コダマガラスの連装ミラー等、貼り合わせる時のオススメしない切断面処理×】

切りっ放し:×
手切れ防止処理加工:×

【◎コダマガラスの連装ミラー等、貼り合わせる時のオススメ切断面処理◎】

糸面磨き:◎
機能性重視・連続して見える 連装ミラーに最適◎
幅広面磨き:◎
デザイン重視・美しい空間の演出が可能カラーミラーとの組み合わせ◎

サイズについて

姿見ミラーとして使用する際「顔から上半身が写るサイズ」もしくは「全身が写るサイズ」及び「余裕で全身が写るサイズ」等、用途によって適したサイズがあります。
また、壁と壁の間の全面にミラーを貼る場合や、床から天井まで目一杯ミラーを設置する際にも、適したクリアランスが必要となります。

【上半身が写るサイズ】

上半身が写る Sサイズ洗面やトイレの手洗器の上などにおススメの小型サイズミラーで、顔から上半身が確認できます。

【全身が写るサイズ】

全身が写る Mサイズ玄関の壁やクローゼット扉などにおススメで、最低限全身を確認することができるサイズです。
身長が180cm以上の方は1200mm以上必要です。

【余裕で全身が写るサイズ】

余裕で全身が写る Lサイズ玄関の姿見やお店のフィッティングルームなどにおススメのサイズです。
シャンパンピンクミラーのサイズ決定に際して注意する点

シャンパンピンクミラーのカット、加工の寸法精度は±1.0mm程度となります。
枠の内側にはめ込む場合や壁と壁の間、天井と床の間の壁全体に鏡を貼り合わせる場合、それぞれの開口寸法より適宜クリアランスを確保してください。

サイズ決定に際して注意する点




シャンパンピンクミラーお見積り・ご注文



シャンパンピンクミラーにできる加工

飛散防止フィルム貼り

飛散防止フィルム貼り 

ミラーの安全対策として、裏面に飛散防止フィルムを貼ることができます。
洗面所や湿気の多い部屋では、防湿効果も期待できます。


マグネット加工

マグネット加工 

特殊な強力マグネットシートを鏡の裏面に貼り付けた加工です。
ミラーの上下にフレームを取付けることで取り外しも簡単で小口の破損止めにもなります。


一般用防曇フィルム貼り:Glass Tect CV 

防曇フィルム:Glass Tect CV

浴室用防曇フィルム貼り:TN-200 

防曇フィルム:TN-200

鏡ハッキリくもり止めコーティング加工

鏡ハッキリくもり止めコーティング加工 

コーティングした鏡にシャワーで水をかけることで親水性の水の膜を作り、水蒸気による曇りを防ぎます。
効果がなくなっても塗り直せば何度でも使用でき、コーティング作業も掃除した鏡に塗るだけなので簡単です。


特殊デザイン加工

部分透明加工 

シャンパンピンクミラーを部分的に透明加工することが可能です。
データを送っていただければ、会社のロゴや柄を透明加工することができます。


フロスト加工 

全面もしくは部分的にフロスト(すりガラス調)加工することが可能です。
表面から加工することでマットな鏡になり、裏側から加工することで光が透過します。


名入れ加工 

ミラーの裏面を透明に抜き、ゴールドをはじめ白・黒及び指定の色に塗る名入れ加工も承ります。
裏面から加工するので、文字が2重に映りません。

取付・設置について

フレームなしのシャンパンピンクミラーの取付は、接着が基本になります。
かなり大きなサイズのミラーでもミラーマットと変成シリコンによる接着剤にて貼ることができます。
金具を使うことで、取付が簡単できれいな見栄えになったり、小口の保護にもなり安全にご使用いただけます。
ミラーマット・変成シリコン

ミラーマット・変成シリコン 

最低限これだけあれば、壁に接着することができます。
必要の数量は、ご注文のミラーサイズ・枚数に合わせて当方からご提案いたします。





シャンパンピンクミラーお見積り・ご注文