防曇フィルム貼:くもり止めフィルム

ぼうどんふいるむばりかこう:くもりどめふぃるむ

鏡の表面に貼る防曇フイルムは、洗面所等、湿気の多い場所で使用する「一般用防曇フイルム:GlassTect CV」と、浴室等、常に高温・多湿な環境で使用する「浴室用防塵フイルム:TN-200」があります。

「浴室用防塵フイルム:TN-200」の最大の特徴は、フイルム面に水をかけることで、親水性(水の膜)を作り、曇りを防止します。
親水性がない状態だと曇るため、使用する際はシャワー等で水をかけてからご使用いただけます。

一方で、「一般用防曇フイルム:GlassTect CV」は、水をかけなくても曇り止め効果があります。
しかし、浴室のように常に高温・多湿な環境に適さないため、洗面所や脱衣室等、一般的な場所にご使用ください。



ミラーの曇り止め「一般用」と「浴室用」防曇フィルムの違いについて

 一般用:防曇フィルム貼り Glass Tect CV

一般用︓防曇フィルム貼り 一般用︓防曇フィルム貼りの表

蒸気や湿気によるガラスの曇りを防ぐ、特殊な薄膜をコーティングした 防曇タイプの飛散防止フィルムです。
浴室などの常に高温な環境では効果が持続しないが、水をかけなくても 曇り止め効果があるので、洗面所や水周り近辺の一般的な居室用ミラーに 適しています。
フィルム幅は、960mm×30m となります

 防曇フィルム【グラステクトCV】の効果

 浴室用:防曇フィルム貼り TN-200

浴室用︓防曇フィルム貼り 浴室用︓防曇フィルム貼りの表

曇りは水滴が霧状に付着して発生します。
ミラー表面に高親水性のフィルムを貼ることで、水分が付着した際に水滴にならず、薄い膜のようになじみ(親水膜といいます)水蒸気による曇りを抑えます。
また、高い親水性により、水を介してのセルフクリーニング効果や飛散防止効果もあります。
フィルム幅は、1220mm×30m となります

 防曇フィルム【TN-200】の効果




防曇加工が可能なミラー

 透明ミラー

クリアミラー
高透過ミラー
   
   

 壁装材ミラー

グレーミラー
ブロンズミラー
ニューブラックミラー
ディープダークミラー
シャンパンピンクミラー
ディープブルーミラー
ゴールドイエローミラー
セピアブラウンミラー
ルナ・ランプミラー
バブル・ドットミラー
レ・ジェンヌミラー
シンディ・エラミラー



防曇フィルム貼り加工したミラーをお探しの方へオススメページ


洗面の鏡をご検討の方は、小口防湿(防サビ)加工は必須です。詳しくは「洗面の鏡をオーダーする方法」をご覧ください。

全面防湿=浴室の鏡に必須の加工です。浴室の鏡をご検討中の方は「洗面の鏡をオーダーする方法」をご確認ください。



防曇フィルムについてよくいただくご質問

Q.幅広面磨きをしたいのですが、面取り部分はどのようになりますか?

A.フィルムはミラーのフラットな面にのみ施工しますので、面取り部分に貼ることができません。

Q.耐用年数はどのぐらいですか?

A.メーカー公表値ではありませんが、ヒアリングによると最低でも半年から2年程度は問題ないとのことです。

Q.フィルムのみの交換は可能ですか?

A.可能です。ただし私共ではフイルムのみの販売はしておりません。
ミラーをお送りいただければ、フイルムを貼り替えてお届けすることは可能です。
※当方にて販売させていただいたものに限る。

Q.防曇の効果がなくなっても、そのままミラーとして使用できますか?

A.できます。

Q.防曇フイルムをはずして、普通のミラーとして使用できますか?

A.できます。
フィルムのみをはずすことが可能です。
また、その後、普通の鏡として使用していくことができます。